手作りの結婚指輪 | 手作り結婚指輪デザインガイド

手作りの結婚指輪

ブライダルシーンにおいて必ず行われるセレモニーは、例えば結婚式や結納、婚姻届けの提出などいくつかありますが、セレモニーのひとつに結婚指輪を手に入れるというものがあります。

▼ 目次

結婚指輪とは

結婚指輪とは、マリッジリングとも呼ばれ、結婚の際、お互いへの生涯の愛を誓う気持ちを形にしたものです。
結婚指輪の言い伝えは古代エジプト時代にさかのぼり、当時左手の薬指の血管は心臓に繋がっていると考えられていたため、左手薬指にはめることによって相手の心をつかんで結婚の誓いをより強固なものにするという意味があったとされています。

また周囲や他人へ結婚していることをアピールすることもできます。
私には生涯愛する人がいますと見せつけることで日々の生活を円滑にすすめることができる場合もあるでしょう。
このように結婚の際のセレモニーとしても、アピールという意味においても結婚指輪を購入することはとても大事なことだといえます。

ハンドメイドで製作する手作り結婚指輪

この結婚指輪に関して、最近流行の兆しを見せているのが、ハンドメイドで製作する手作り結婚指輪です。
字面だけを見ると、ハンドメイドなんてとても難しい、手間や時間がかかりそう、と感じられる方が多いことでしょう。
しかし、実際は全てを手作りするわけではなく、一部デザイナーや職人さんの力を借りて指輪を一から造っていくというものです。
ここで、手作り結婚指輪の制作手順を確認していきましょう。

まずは工房へ制作を依頼します。
工房とはデザイナーや職人さんが指輪を制作するために使用している施設です。
一般的には公開されていない場所も多くあります。
一般の方でも手作り結婚指輪ができる設備を整えている工房が全国に点在しているので、それらの中から自分たちにあった工房を選び、制作を依頼することになります。
最近では有名なブランド店でも流行の波に乗るべく、手作り結婚指輪の制作を1つの選択肢として取り扱っているお店もあります。
ただ、お近くにもし工房があったとしても自分達でハンドメイドできるかどうかは工房次第なので、事前に確認しておくとよいでしょう。

次にデザインを決定する作業を行います。
手作り結婚指輪の多くは予め決められた様式があるので、それに従って選択することでデザインを決定することもできます。
また個人が思い描くオリジナルなデザインで制作することも可能です。
独創的な世界にたった一つの手作り結婚指輪が欲しいというカップルやご夫婦にとってはまさにうってつけの方法といえるでしょう。

デザインを選ぶ際にはその手作りの婚約指輪に使用する金属や宝石、装飾などを選択する必要があります。
既製品で欲しい結婚指輪があったけど、希望する金属や宝石を使用していないと諦めた方でも、手作り結婚指輪ならお好みの金属を選ぶことでより自分たちの理想とするイメージに近いものを手にいれることができます。

それから工房で制作する日を予約します。
工房でデザインを決め、そのまま制作に入ることもできますが、事前にデザインを決めておけば、かなりスムーズに制作に入ることができます。
工房へ希望する日時を伝え、その日に空いている時間があればそのまま本予約となるでしょう。
工房によっては、1組だけでなく、2組や3組等、同時に制作するところもあるので、気になる方は事前に確認を取っておくことをおすすめします。

制作に関してはおおよそ2時間程度で完了することが多く、シンプルなデザインならさらに短時間で終わることもあります。
ここでも職人さんの指導やアドバイスを受けながら制作を行えるので安心です。
最後に工房の職人さんに手作り結婚指輪の仕上げを行ってもらいます。
工房によっては職人さんの数も違うため、仕上がりが前後することもありますが、約2週間から5週間くらいかかるとみておけばよいでしょう。
仕上がれば受け取り可能です。

手作り結婚指輪はこのような流れで進むので結婚式などブライダルシーンに合せて受け取りたい場合には事前に個人で調整したり、工房に希望納期を伝えておきましょう。
これらの工程をみて、やや難しい、購入した方が早いと考える方もいるかもしれません。
しかし、実際に制作した方の多くは楽しかった、もう一度やりたい、等、感想として挙げています。
また選べば、費用もかなり抑えて制作が可能なので手作り結婚指輪としてだけでなく、ベビーリングや夫婦で楽しむため、またカップルでも制作したりする方もいます。

手作り結婚指輪は生涯の思い出になります

指輪の制作に一から携わることで、そのリングに特別な思いを込めることができ、生涯より大切にしたいものと認識することができます。
そんな感情を持てるというのは生涯の愛を誓うという意味でも、マリッジリングとしても最適なものであると言えるでしょう。
手作り結婚指輪はこれからご婚約するカップルにも人気で、続々と手作り結婚指輪の制作、購入を検討されている人が増えています。
手作りの結婚指輪はお二人にとって、きっとメモリアルなものになるでしょう。

新着情報

3号の結婚指輪のデザイン

3号の結婚指輪のデザイン

結婚指輪のサイズは各種取り揃えてある場合が多く、3号というかなり小さなサイズでも普通に作れる場合がありますが、対応はそれぞれのショップやブランド次第となります。

3号は対応できないショップやブランドもないわけではありません。

対応はできるものの特注という対応だったり、デザインは限られるといった例もあります。

かなり小さいサイズとなりますから、そのショップや工房、ブランドで対応できるか、どんなデザインなら作れるのか、その他の条件よりも優先的に確認しておくのがおすすめです。

3号というサイズで見つかりやすいのは細身で華奢なデザインの指輪です。

その小さいサイズと雰囲気がよく合っており、指の細い女性によく似合う指輪にもなります。

≫ 『3号の結婚指輪のデザイン』

結婚指輪購入口コミ「想いの込められた指輪になった」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

0

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

夫:187,920円 妻:246,240円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚指輪に対してとくにこだわりがなく、イメージももてていませんでした。

母からは、ティファニーを勧められたのですが、「つけられればなんでも」というような感じでした。

価格は、相場の合わせて20万前後を考えていました。

婚約指輪のショップということで、何気なく訪れたところ、ショップの魅力でもある「素材作りからこだわり、その板を2人でわかち合って指輪が作られる」ところに魅力を感じ、そのショップで購入することに決めました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「想いの込められた指輪になった」』

手作り結婚指輪デザインガイド

結婚指輪のデザインについて

結婚指輪を夫婦で手作りするのなら、デザインの考察は避けて通れません。

しかしデザイナーならばまだしも、デザインの素人が簡単に生み出せるものでしょうか。

デザインを考える上で大きなヒントになるのが、結婚指輪をどう使うかです。

結婚指輪を肌身離さず、遊びだけでなく仕事場でも身につけるのならば、極力シンプルなデザインがベストと言えるでしょう。

ただ派手目なデザインが好きならば、派手なものにしても構いません。

好みと使い道のバランスが、デザインを決める鍵と言えます。

≫ 『手作り結婚指輪デザインガイド』

結婚指輪にベビーリングを贈る

ベビーリングとは?

ベビーリングとは、赤ちゃんが生まれたときや生まれる時を想定して贈る指輪のことです。
赤ちゃんサイズの小さなリングで、とても可愛らしいデザインリングとして人気があります。
このベビーリングは、ヨーロッパでは16世紀頃からある風習のようで、それが日本でも今広められつつあります。
≫ 『結婚指輪にベビーリングを贈る』

結婚指輪購入口コミ「細かい部分もお気に入りです」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

4年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

主人9万、私6万5,000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚指輪を買うにあたって考えたことは、シンプルではあるが控えめなデザインも施されている指輪にしたいということでした。

きらきらして可愛らしい指輪が多く決められずにいたのですが、「NIWAKA」では私が望んでいたデザインの指輪が何点かあり、ブランドは「NIWAKA」にすることにしました。

ピンクゴールドにミル打ちされている指輪にしたのですが、指輪の太さやミル打ちの幅など細かい部分もお気に入りです

また、主人はプラチナにしたのですがどちらが妥協することなく、自分の好みのデザインに選べたのも決め手でした。
≫ 『結婚指輪購入口コミ「細かい部分もお気に入りです」』